重ね煮とは?離乳食にも便利!レシピをご紹介!簡単に美味しく野菜を食べよう!

料理
ぎうめしみー
ぎうめしみー

・妊娠中、産後は忙しいし体調も優れず、凝った料理が作れない

・子どもや自分のためにも、野菜をたくさん使った簡単な料理を作りたい

こんなお悩みを持つプレママさん、ママさんにおすすめしたいのが
野菜の重ね煮です。

私は2019年の11月に第一子となる息子を出産しました。
妊娠中も体調が優れない時は料理は作れなかったし、産後に赤ちゃんのお世話をしながら
3食全て自炊するというのは、かなり難しいです。

しかし、子どものお世話をするママの体調管理もとても大切。
食事の栄養面もできれば気を配りたいですよね。

野菜を切って煮るだけの重ね煮なら、作り置きもできるし、アレンジも効きます。
この記事では、簡単で美味しい野菜の重ね煮の作り方やアレンジレシピなどをご紹介します。

ぎうめしみー
ぎうめしみー

頑張るプレママさんやママさんが、少しでも楽に栄養のある野菜をたくさん食べられますように。

 

重ね煮とは?基本のレシピ

重ね煮とは、文字通り野菜やお肉などを重ねて、弱火で煮るだけのシンプルな調理法です。
塩を少しふって煮るだけで、驚くほど美味しくなります!

気を付けるのは以下の2点だけ。

①野菜の重ねる順番を守る

②焦げないように気を付ける

①野菜の重ねる順番を守る

重ねる順番については、以下の画像の通りにするだけです。

この図を参考に、冷蔵庫にある野菜をお鍋に入れて、野菜がしんなりするまで煮るだけで完成です。
煮る時間は野菜の種類や量によりますが、だいたい15~30分ほどあればだいたい完成します。

②焦げないように気を付ける。
弱火で調理するものの、鍋や野菜の種類によっては焦げてしまうこともあります。
心配な時は、上記の画像にある通り、少しお水を足すと焦げ防止になります。

重ね煮のアレンジレシピ

①お味噌汁

作っておいた重ね煮にお湯を加えて鍋で煮込み、沸騰したら火を止めて味噌を加えればお味噌汁が作れます。
(私は出汁入りのお味噌を使っています。)

重ね煮でお味噌汁を作ると……

・野菜がたくさん摂れる
・色んな野菜のうま味が加わり、美味しいお味噌汁ができる
・身体を温めることができる

こんなメリットがあります。

ぎうめしみー
ぎうめしみー

プレママさんやママさんにこそ飲んでほしいね!

 

②コンソメスープ

作っておいた重ね煮にお湯を加えて鍋で煮込み、コンソメを加えれば、コンソメスープが作れます。

べびを
べびを

お味噌汁と一緒やないかーーー!!笑

③中華スープ

作っておいた重ね煮にお湯を加えて鍋で煮込み、鶏がらスープの素を加えれば、中華スープが作れます。

べびを
べびを

全部似たようなメニューじゃないかーーー!笑

ぎうめしみー
ぎうめしみー

その日の食事のメニューによって、重ね煮は和洋中のどのお料理にも対応できるんだよ!とっても汎用性が高くて便利!!

重ね煮は離乳食にも使えて便利

生後半年くらいになると始まる離乳食。
この離乳食にも重ね煮が活用できます。

子どもが食べられる野菜で重ね煮を作ると、子どもの分を先に取り分けて離乳食に使い、
余った重ね煮は大人が食べられます。

べびを
べびを

子どもと大人の食べ物が一緒に作れると、ママも楽ちんだね!

重ね煮のレシピをマスターして家族皆で楽に野菜を摂ろう!

野菜を入れる順番さえ気を付ければ、誰でも簡単に作れる野菜の重ね煮。
そのままでも食べられますし、色んなレシピにアレンジも可能でとても便利です。

重ね煮は、なかなか料理に時間が割けない、でも美味しく栄養のある野菜を摂りたいプレママや
ママにおすすめです。
是非試してみて下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました