Twitterで「センシティブな内容」を表示させる設定方法

Twitterでセンシティブな内容を表示させる設定方法 趣味・雑記
ぎうめしみー
ぎうめしみー

フォロワーさんのツイートやリプが
「センシティブな内容」と書かれていて
見えないなあ……

この記事では、Twitterで「センシティブな内容」と書かれたツイートを
見る方法についてご紹介しています。

Twitterで見かける、「ツイオフ」って何?
という疑問お持ちの方は、以下の記事もおすすめです。

Twitterの「センシティブな内容」って何?なぜ表示されるの?

Twitterでセンシティブな内容を表示させる設定方法Twitterでセンシティブな内容を表示させる設定方法

Twitterが「センシティブな内容」と定めているものに該当するツイートや画像が入っているものに対して、表示される前に警告される仕組みがあります。

Twitterが定める「センシティブな内容」とは、例をあげると
以下の表現や画像にあたります。

・暴力的なもの
・成人向け、性的なもの
・差別的な表現のもの
・グロテスクなもの など……
不快だと感じる人が多いであろうものですね。

しかし、「センシティブな内容」と警告メッセージが出ているものでも、
“全然センシティブじゃないのでは……?”というものもあります。

私の投稿も一部のフォロワーさんに「センシティブな内容」と
表示されたことがあったのですが、その時のツイート内容は
スタバの新作が美味しそうだといった内容と画像でした(笑)

Twitterで「センシティブな内容」の投稿を見る方法

「センシティブな内容」と書かれた投稿を見る方法は、
iPhone、Androidのどちらのスマホを使っているかによって違います。
1つずつ説明します。

iPhoneでTwitterの「センシティブな内容」の投稿を見る方法

iPhoneでの設定方法は以下の手順で出来ます。

①「センシティブな内容」と表示される投稿を開き、
左下の【設定を変更】というボタンをタップ

(ナイトモード派なので画面が黒いです……(笑))

②Safariなどの別のブラウザに切り替わるので、
設定したいアカウントのID(または電話番号かメールアドレス)と
パスワードを入力してTwitterにログインする。

iPhoneでは、Twitterのアプリからだと
「センシティブな内容」を表示させる設定が出来ません。

ログインは面倒ですが、Safariなどの別のブラウザから
Twitterにログインして設定しましょう。

③上のホームという文字の横にある自分のアイコンをタップ

④左下の設定とプライバシーをタップ

⑤プライバシーとセキュリティをタップ

⑥下にスクロールして、セキュリティの「センシティブな内容を含む
可能性のある画像/動画を表示する」を有効にする。
(画像のようにチェックマークがついた状態にする。)

これで設定は完了です。

AndroidでTwitterの「センシティブな内容」の投稿を見る方法

私自身がiPhoneユーザーなので、画像がなくて申し訳ないですが、
説明します。
基本的にはiPhoneと一緒ですが、
Androidの場合はアプリから設定が可能です。

画像が手に入ったら画像を追加で掲載しますね。

①Twitterのアプリ内の“設定とプライバシー”をタップ

②プライバシーとセキュリティをタップ

③セキュリティの「センシティブな内容を含む
可能性のある画像/動画を表示する」を有効にする。

これで完了です。

Twitterで「センシティブな内容」を見られるように設定する方法 まとめ

最後に簡単にこの記事の内容をまとめておきます。

・Twitterが定める「センシティブな内容」とは?

→Twitterが定める「センシティブな内容」に該当する可能性がある場合に
警告として表示される。

→しかし、「センシティブな内容」と警告メッセージが出ているものでも、
普通のツイートや画像の場合もある。

・Twitterの「センシティブな内容」と書かれた投稿を見るには?

①Twitterの内の“設定とプライバシー”をタップ

※iPhoneはアプリ内では設定できないので、
Safariなどの別のブラウザから設定する。

Androidはアプリ内から設定可能。

②プライバシーとセキュリティをタップ

③セキュリティの「センシティブな内容を含む
可能性のある画像/動画を表示する」を有効にする

ぎうめしみー
ぎうめしみー

Twitterを快適に楽しめますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました